今朝見た夢。SFドラマ『ダーク・マター』そのものだった。なかなか話が進まないドラマにイライラした結果だと思われる。このドラマ、量子もつれと並行宇宙というテーマだけという薄っぺらさ。家族愛の要素はあるのにそこでの発展がない。つまり、驚きも、ミステリーも、ロマンスもない。あと2話かな?

某所に並べてもらうので選んだSF小説

・ソラリスの陽のもとに(スタニスワフ・レム)

・2001年宇宙の旅(アーサー・C・クラーク)

・異人たちとの夏(山田太一)

・月下の恋人(浅田次郎)

・城(フランツ・カフカ)

・紙の動物園(ケン・リュウ)

・夏への扉(ロバート・A・ハインライン)

・ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)

・株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者(喜多川泰)

・美しい星(三島由紀夫)

『不適切にもほどがある!

過去の舞台は1986年。27歳で結婚する2年前。世の中も今より元気だったような気がする。漢字 Talk 1.0が登場したので、借金もして80万円でMacintosh PLUS買うような勇気も出せた世の中。

なお、今の量子論から言えば“タイムパラドックス”は死語かと思う。平行宇宙に分岐しつまり別のタイムラインが発生して行くので、バタフライエフェクトもない。